お知らせ  News

重版出来(第2刷発行)『釣りの名著50冊』

ISBN978-4-86447-352-1 C2075 
本体1,600円+税
世良 康・著
46判並製368ページ

2020年7月1日初版発行
2020年7月15日第2刷発行

たちまち重版です!
幸田露伴に井伏鱒二、ウオルトンにヘミングウエイといわゆる釣り文学の古典はもちろん、
伊集院静、桂歌丸、團伊玖磨、畑正憲など、釣りを愛した小説家、詩人、俳人、落語家、学者、政治家、俳優、音楽家……
実に多彩な著名人が書いた古今東西の「釣りの名著50冊」を読み解いた。著者の世良康さんはこう語る。
「人生の喜怒哀楽は1本のサオにも及ばない。釣り人が味わう一投一打の悲喜劇は、それほど激しく強烈であると、私は思う」
これほどまでに熱く深く行間を読んだ、釣りの名著の書評はいまだかつてあったのか?
釣り人ならば絶対耽読したくなる1冊が本書にはある。

006 まえがき
010 『幻談』 幸田露伴
017 『老人と海』 アーネスト・へミングウエイ
024 『魚の泪』 大庭みな子
031 『二人の友』 モーパッサン
039 『ブラックバス』 神吉拓郎
046 『突堤にて』 梅崎春生
053 『完訳 釣魚大全Ⅰ』 アイザック・ウォルトン
060 『魔味談』 佐藤垢石
074 『川釣り』 井伏鱒二
081 『令嬢アユ』 太宰 治
088 『粗朶の海』 永井龍男
095 『わが釣魚伝』 福田蘭童
102 『イワナとヤマメ 渓魚の生態と釣り』 今西錦司
116 『アユの話』 宮地伝三郎
123 『春鮒日記』 英 美子
133 『釣りひとり』 山村 聰
140 『釣するこゝろ』 佐藤惣之助
147 『魚になった興義』 室生犀星
153 『釣りのうたげ』 室生朝子
160 『釣師気質』 石井研堂
166 『釣の楽しみ』 滝井孝作
173 『氷雨』 葉山嘉樹
181 『思い浮ぶこと』 飯田龍太
188 『石鯛釣り』 團伊玖磨
195 『江戸前の釣り』 三代目三遊亭金馬
202 『わたしの隅田川』 鈴木鱸生
209 『戦場の博物誌』 開高 健
217 『釣人物語―緑の水平線』 林 房雄
224 『秘伝』 高橋 治
230 『八畳の滝』 森下雨村
236 『魚影の群れ』 吉村 昭
243 『帝王』 F・フォーサイス
250 『三月の鮠』 藤沢周平
256 『鎌いたち(「顎十郎捕物帳」より)』 久生十蘭
262 『奥日光の鱒釣り—名人勘蔵の思い出』 西園寺公一
269 『生ぐさ太公望』児玉誉士夫
275 『鮎釣り海釣り』 稲葉 修
281 『鱸』 幸田 文
288 『鮎つりの思ひ出(歌集「黒松」より)』 若山牧水
294 『ハヤ』 坪田譲治
300 『つり人生』 土師清二
306 『利根の鱸釣り』 朝倉文夫
312 『チヌの月』 伊集院 静
318 『アメリカの鱒釣り』 リチャード・ブローティガン
324 『岩魚の休日~ちょっとうるさい釣り行脚』 桂 歌丸
331 『日田の鯉』 畑 正憲
337 『マクリーンの川』 ノーマン・マクリーン
343 『大江戸釣客伝』 夢枕 獏
354 『松方弘樹の世界を釣った日々』 松方弘樹
360 『夜釣』 泉 鏡花

001

書籍『瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編』7月中旬発売開始

ISBN978-4-86447-354-5 C2075 
紙版本体2,500円+税
デジタル版本体2,250円+税
A5判並製 カラー256P

1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。
フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、
人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。
インターネット前夜、乏しい情報をかき集めてターゲットににじり寄るようすは、
冒険談のようなある種の清々しさも感じられます。
著者はフライフィッシャーですが、渓流魚の儚さ、美しさに心が動かされたことがある、
すべての人にとって、価値のある読書体験になるはずです。
西日本編に収められたのは15エピソード。
鹿児島県から富山県にかけて、キリクチ、ナガレモンイワナ、ゴギ、イワメなどに巡り会います。

CONTENTS

まえがき 002

瀬戸際の渓魚たちの現在 2020 006

ヤマメ・アマゴ群の自然分布概念図 018

日本産イワナ属の自然分布概念図 019

日本海側イワナ 020

太平洋側イワナ 022

オショロコマ 024

日本海側ヤマメ 025

太平洋側ヤマメ・アマゴ 026

第1章 ヤマメの南限を求めて 鹿児島県(1991年4月) 030

第2章 屋久島のヤマメ 鹿児島県(1993年4月) 043

第3章 “マダラ”と九州ヤマメ 宮崎県(1997年4月) 057

第4章 国境の島に棲むヤマメ 長崎県(1994年4月) 071

第5章 四国山地にイワナを追いかけて 高知県(1993年4月) 085

第6章 四万十川と天然アマゴ 高知県(1996年4月) 098

第7章 隠岐島探釣記 島根県(1995年4月) 112

第8章 ゴギの里にて 島根県(1992年4月) 126

第9章 限りなくヤマメに近いアマゴが棲む渓 岡山県(1994年5月) 138

第10章 南紀のアマゴ 和歌山県(1996年5月) 152

第11章 キリクチ 奈良県(1992年4月) 164

第12章 流紋岩魚と奇跡の渓 滋賀県(1994年5月) 182

第13章 琵琶湖とイワナたち 滋賀県(1995年5月) 194

第14章 イワメの渓 三重県(1992年3月) 216

第15章 黒部源流、日本最高所のイワナ 富山県(1994年8月) 228

2020年、「瀬戸際」を振り返る 西日本編 248

参考文献 253

謝辞 255

001

書籍『瀬戸際の渓魚たち 増補版 東日本編』7月中旬発売開始

ISBN978-4-86447-353-8 C2075 
紙版本体2,500円+税
デジタル版本体2,250円+税
A5判並製 カラー256P

1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。
フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、
人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。
インターネット前夜、乏しい情報をかき集めてターゲットににじり寄るようすは、
冒険談のようなある種の清々しさも感じられます。
著者はフライフィッシャーですが、渓流魚の儚さ、美しさに心が動かされたことがある、
すべての人にとって、価値のある読書体験になるはずです。
東日本編に収められたのは15エピソード。
岐阜県から北海道にかけて、無紋ヤマメ、無班イワナ、カメクライワナ、スギノコ、オショロコマなどに巡り会います。

CONTENTS

まえがき 002

瀬戸際の渓魚たちの現在 2020 006

ヤマメ・アマゴ群の自然分布概念図 018

日本産イワナ属の自然分布概念図 019

日本海側イワナ 020

太平洋側イワナ 022

オショロコマ 024

日本海側ヤマメ 025

太平洋側ヤマメ・アマゴ 026

第16章 サツキマス 岐阜県(1992年5月) 030

第17章 別荘地に残されたイワナ 長野県(1997年5月) 044

第18章 種の境界と混沌 神奈川県、静岡県(1994年4月) 056

第19章 神流川源流の天然イワナ 群馬県(1994年8月) 072

第20章 失われた渓と無紋ヤマメ 茨城県(1994年4月、1995年4月) 084

第21章 阿武隈高地の天然イワナ 福島県(1996年9月) 096

第22章 タキタロウと大鳥池 山形県(1996年9月) 108

第23章 カメクライワナを巡る旅 山形県(1993年9月) 121

第24章 無差別放流への警鐘 岩手県ほか(主に1993年8月) 138

第25章 小渓の幽魚 無斑イワナ 岩手県(1993年8月) 155

第26章 スギノコ物語 青森県(1991年8月) 171

第27章 オショロコマの南限 北海道(1992年6月) 185

第28章 オショロコマの楽園 北海道(1996年9月) 196

第29章 北の原野にイトウを追い求めて 北海道(1995年11月) 208

第30章 日本最北の島々と渓魚たち 北海道(1996年9月) 224

2020年、「瀬戸際」を振り返る 東日本編 246

参考文献 252

謝辞 255

001

『NorthAngler’s2020年8月号』7月8日発売

今号の特集は『密じゃない渓へ』。
川のトラウトフィッシングが盛期を迎える今、ルアー&フライのテクニックを紹介。
大型ニジマスに対応するベイトタックル、ベテランが使うフライパターン、尺オショロコマ釣行記……などなど盛りだくさんの内容です。
また前号で人気だった空撮ポイントガイドでは、屈斜路湖を紹介。
もちろん海のヒラメ釣り、ライトジギングなどを掲載しているので、道内の夏を遊びたいならぜひご一読を!

010 Go stream
【特集】密じゃない渓へ

012 もうフィネスじゃない!?
大鱒ベイトタックル考
017 渇水を味方に
スピナーで濃厚接触
022 ビッグドライだけではもったいない!
マッチング・ザ・ハッチの愉悦
026 北海道スタンダードパターンが見えてくる
My Best 5 Flies
030 道内源流探釣
尺オショロコマを求めて
035 小河川でも大本流でも遊べる
マイクロスカジットで釣る道東河川

SPECIAL

038 スペイは今、シングルが熱い
042 フィッシュキャンプ・レポート
その一 ソロキャンプのすすめ
051 一枚、二枚と釣果を伸ばす方法とは?
港で座布団
056 続・ソイの今を知る
067 船ルアー愛実らせます!
第13回 ライトジギングなら魚種多彩
073 「記録」と「記憶」に残る魚に出合うチャンス!?
ヒラメ&シーバス!!
078 空撮ポイントガイド
屈斜路湖
086 常夜灯周りの表層をねらえ
メバルプラッギングが熱い!

REGULAR

046 ルアーこの一本 デベロップ シェル×ハスルアー
048 フライこの一本 BHマラブーゾンカー×ヒゲナガ・フローティングピューパ
061 今月ここでゲッツ!
  062【空知】ナマズ×ルアーフィッシング
  063【胆振】コイ×エサ釣り
  064【日高】ヤマメ×ルアーフィッシング
  065【渡島】アユ×友釣り
  066【渡島】ヤマメ・イワナなど×エサ釣り
085 今月の釣り予報 7月中旬~8月上旬
088 愛車で安眠♪ ハイエース バン
090 ヒグマ110番 歴史に埋もれた「人喰い熊事件」を発掘する
092 釣り人のための自然環境学
第2回 魚を守るために明日からできること

OTHER

044 気になるギア KEISONシリーズ
050 North Angler’s TV放送スケジュール
076 Special Presents
098 NA釣り倶楽部
102 North Angler’s Pickup!
111 バックナンバー
112 From Staff
113 アンケート

001

重版出来(第5刷発行)『琵琶湖大明解MAP北湖』

ISBN978-4-86447-172-5 C9475 
本体1,550円+税
A4変型判116ページ

平成26年4月17日初版発行
令和2年7月1日第5刷発行

国内有数のフィッシングフィールド・琵琶湖北湖のガイドブック。
実績ポイントのほか、等深線、最新ストラクチャー、シーズナブルパターンをプロガイド長谷川耕司さんがナビゲートします。
自らの経験を地図に書き込めば、オリジナルマップも作れます。
ビッグバスが泳ぐクリアウォーターを釣る際の心強い相棒、さらなる1尾につながるヒントは、この一冊の中にあるはずです。

001

ページトップヘ