お知らせ  News

『大人気11河川の入れ掛かりガイドブック 鮎釣り大明解MAP』5月27日発売(別冊つり人Vol.591)

人気アユ釣り場の入川口、駐車場所、好ポイントを完全網羅したガイドブックです。
掲載河川は長良川、九頭竜川、神通川、高原川、宮川、馬瀬川、桂川、鬼怒川、那珂川、相模川、仁淀川と名川ばかり。
空撮も交えて解説されたポイント紹介も魅力。この1冊があれば迷わず入れ掛かりポイントへ行けます。

CONTENTS

006 栃木県 / 那珂川

016 栃木県 / 鬼怒川

024 神奈川県 / 相模川・中津川

036 山梨県 / 桂川

046 岐阜県 / 長良川郡上

056 岐阜県 / 馬瀬川

064 岐阜県 / 宮川・高原川

074 富山県 / 神通川

084 福井県 / 九頭竜川中部

094 高知県 / 仁淀川

104 熊本県 / 球磨川

001

『Basser2024年7月号』5月24日発売

【特集1】ハネモノ
【特集2】ライン

魔法のルアーがあるとしたら、それはハネモノのことだと思う。たとえば、雨で濁りの入ったリザーバーを、バズベイトのようにガシガシ巻いて水面を割らせることが出来る。好条件でのサーチベイトとして有能かと思えば、晴天無風の超クリアウォーターに浮く天才系ビッグバスをデッドスロー引きで魅了することも出来る。ワームやほかのハードベイトを置き去りにする釣果を出せるのだ。そんなハネモノの魔法の種明かしを、ハネのスペシャリストが披露します。
第2特集のラインでは、現代のフロントラインで活躍するPEラインをメインに、基本の使い分けもおさらいします。どうぞご覧ください。
 
Contents

特集【ハネモノ】
020 房総の“釣り日和”にハネは機能するか?/岡本巧
028 エグシュン先生のハネモノ集中講座
032 人生を変えたハネ/幡野幸基
036 見えバス釣るなら“RS”/河野正彦
042 霞ヶ浦オカッパリで使い分ける3種のハネ/佐々木勝也
046 レゼルブ・ストーリー/青木大介・小野俊郎・藤松弘一
050 ハネモノ・ソムリエのインプレッション13連発/川島勉
054 ハネモノ出撃モデルケース
058 バルバス形状のクローラーベイトを語る/桑野伸司
062 NZクローラーが火を噴くとき/大場未知
066 ハネの生えた弾丸
068 ハネモノにはチューンが必要だ/つかじー
072 ファイト、ファイト、コジコジ!

074 JBTOP50
084 H-1グランプリ
086 BMC
088 W.B.S.
090 Behind Story 世界一のクランクベイトができるまで。
092 ヒッパレ!ダイスケ! SECOND STAGE
094 FUKASHIN’S STANDARD
096 The VOICE of JOINTEDCLAW LOVERS/菊元俊文
100 B.A.S.S. ELITE SERIES
118 全機種共通の特徴から読み解く
スペルバウンドコア“ハイクラス”
120 房総HOTSPOT
124 JB/NBC40年史
126 モノの舞台裏
130 フェンウィック70年の歴史と現在地

第2特集【ライン】
最新の使い分けを知る
132 今更聞けないラインのイロハQ&A
136 PEをどう使い分けるか/早野剛史
138 金森隆志の絶対基準
148 The Japan Original
150 今日も沼ります
156 NPOミズベ新聞
158 小森の小部屋
160 大津清彰ゼミ マッチザベイト学概論
161 バサー図書室
161 日釣振ニュース
162 編集後記

001

『つり人2024年7月号』5月24日発売

【特集】初夏の水辺をディープにめぐる! 川釣りの歩き方

今月号は川釣り特集。渓魚やアユ、カワムツ、ナマズ、コイ、在来タナゴ、テナガエビ、チヌなど、河川で出会える多彩なターゲットをねらうためのコツを掲載しています。テナガエビの釣り場ガイドや釣った後も楽しめるテナガエビ料理のレシピ、全国の漁協に聞いたアユ釣りの解禁情報などのお役立ちコンテンツも満載です。
ほかにも編集部による梅雨グレ釣りのレポートや梅雨に活躍するレインウエアの基本知識など、今が旬のコンテンツも盛りだくさんです。

CONTENTS

特集
初夏の水辺をディープにめぐる!
川釣りの歩き方

10 EDITORIAL MESSAGE

12 MONO語り
FROM FRESH & SALT WATER

16  岐阜県/長良川支流・吉田川
名渓の魚を誘い出す
バルサミノーの揺らぎ
写真◎津留崎健

24  長野県/雑魚川
テンカラで遊ぶ
志賀高原の「しみだし」イワナ

30 【隔月連載】
パックStyleで行こう!
第6回:源頭に最高所のイワナを探す

35 京都府/木津川水系
ロケーションとゲーム性にこだわれば
川ムツングはもっと面白くなる

40 兵庫県/加古川水系
日常に潜むド迫力を楽しむ
デイナマ散歩のススメ

46 水面を割らせるための要素とは?
ナマズ用ノイジープラグの
水面ダンスと誘惑のメロディー

50 栃木県/小貝川水系&鬼怒川水系
初場所のナマズ探索術

55 「点」で撃つか、「線」で探るか
ナマズに水面を炸裂させるためのヒント集

60 滋賀県/琵琶湖・湖北エリア
マクロな視点で里山を巡る
宝探しの始め方

64 日本一の米どころで水路探索
目に鮮やかなヤリタナゴの緋色

68 【不定期連載】ワンタックルで手軽に遊ぶ!
ブルカレ探検隊in埼玉&東京
第3回 身近な川で大から小までねらいたい!

72  Love Cooking!
汽水域の人気者
テナガエビを釣って食べる!

78 テナガ好きの店員さんが教えてくれた
これから本番のテナガエビ釣り場ガイド

84 ワームとプラグの両刀でいぶし銀をねらう
チニングのルアーチョイス

88 東京都/中央区晴海
新たな顔ぶれで挑むTOKYOの黒鯛

94 【連載】
久保田剛之――ランカーハンターの引き出し――
シーバス・プランニング
第14回 旧江戸川のハクパターン

100 埼玉県/荒川
4月29日から入れ掛かり!
日本一早い友釣り解禁

104 福井県/九頭竜川
九頭竜勝山の入れ掛かり劇場

107 島根県/高津川
柿木村の小・中学生が調査!
故郷の川に「天然アユ」はどれくらい上っているの?

110 全国150漁協
解禁日・放流量・遡上状況・入漁料を徹底網羅
2024 全国アユ河川解禁情報 PART-2

124 静岡県/東伊豆・城ヶ崎海岸
梅雨グレの好機到来!
「魚に見えないピンクフロロ」を人気地磯で試してみた

128 梅雨も快適に過ごすために。
レインウエアの基本

132  【隔月連載】
三石忍の船釣りテンポアップ!
第43回:外房・一つテンヤのマダイ釣り

136 【不定期連載】Let’s go Fishing with Shipsmast!
1st_夏も近づきシロギス本番!
雨も味方に付ければ快適な釣り日和に

142 NEW GOODS INFORMATION

147 ビビビッ!と楽しくていろいろ釣れる!
チョイ投げ事始め

156 最新の研究で明らかになった
カワウ被害拡大のナゼ?

161 ドライフライだけで始める!
ゼロからのフライフィッシング入門

168 ゆかぴ船長の「今日も釣れっから!」

170 【連載】
爆笑&爆釣川柳塾 17文字の釣り人生
選者◎村田春雄、イラスト◎もりなをこ

172 月刊つり人NEWS & TOPICS

175 つり人読者アンケート

178 編集後記

001

『Old Tackle Anglers (オールドタックルアングラーズ)』5月27日発売(別冊つり人Vol.590)

2021年冬に刊行し大人気を博した『ABU for LIFE』のコンセプトを受け継ぎ、発展させたのが今回のムック『Old Tackle Anglers』。日本のルアーフィッシング黎明期から発展初期にかけての1960~1980年代、絶大な人気を誇り憧れの対象だったABU Ambassadeur、そして同製品をこよなく愛した偉大な作家にして釣り人の開高健に焦点をあてました。
開高健記念館収蔵の生前愛用したアブロッド&リール解説のほか、初公開となる40数年前の貴重な開高健の直筆原稿を掲載。また当時ご縁のあった方のこれまた初公開エピソードも交え、ザ・開高健ワールドで読者を魅了します。
さらに同時代のルアーフィッシング・シーンをけん引した国内外のルアータックルにまつわる各記事、オールドタックルで楽しむ令和の実釣記事など、温故知新を凝縮した一冊。
「味のある釣り、味のある人生。」がここにあります。

CONTENTS

はじめに 6
写真と文 編集部

黒部川の桜鱒 8
信じたシャッドラップが期待に応え譲り受けたアンバサダーに命を吹き込む
写真 高井主馬・丸山洋行 文 高井主馬

鹿児島ロックショアゲーム 16
青物にハンディマッチを挑み難易度高いゲームを堪能する
写真と文 編集部

厳しいなかにも癒しあり 22
簡単に釣れないからこそオールドタックルで愉しむ
岐阜県/小坂川支流&宮川
写真と文 編集部

至福のキャンプ&フィッシング 28
趣きを重視した道具にこだわり納竿後のキャンプでも癒される
写真と文 編集部

原初のRECORD Ambassadeur 5000の魅力 34
考え抜かれた機能とフォルムは最初にして完成形の域に達する
写真と文 立原資朗

私とAmbassadeurとメモリアルライギョ 43
体験しながら知識を増やし夢のモンスターを手にする
写真と文 渡辺香佐

人生に連れ添った初めてのAmbassadeur 46
半額で売られていた不遇の4600FLが原点
写真と文 山中康嗣

垂涎のAmbassadeur Striper Black 満を持して登場 48
大型魚とのファイト見据え強化パーツを組み込み復刻
まとめ 編集部

釣り人生の原点回帰 50
中学時代に通った東播の野池にクレイジークローラーを泳がせる
写真と文 編集部

名手たちの思いが込められたSuper Strike誕生の物語 56
写真と文 玉越和夫

我が愛しきHutley’s 62
天才ビルダーが遺した芸術的サーフェイスプラグ 
写真と文 鳥居祐二

輝ける文字 開高健直筆原稿 67

開高健直筆原稿発見物語 80
文 編集部

開高・邂逅 作家と釣り人の断片 82
水辺で、都会で、取材先で、出会った人たちの思い出話
『フィッシュ・オン』最終章こぼれ話 鈴木利久さんの話 82
開高さんはいつも山を見ていた 高柳盛芳さんの話 84
「戦争よりもセックスのほうがいい」 山城良介さんの話 85
軍事政権・人・釣り 大場三穂さんの話 86
「酒を飲まない真剣な釣り人」 浜松光さんの話 88

開高健記念館探訪 89
貴重な展示品を見学したら文豪が愛した街を散歩する
写真と文 編集部

記念館の収蔵庫に眠るマエストロの相棒たち 92
写真と文 編集部

天才ルアーデザイナー ジェームス・へドンからの宿題 96
演出できる変化を組み合わせストライクチャンスを増やす
写真と文 内藤裕文

スピードスティック誕生秘話 102
日本の竹ザオ文化に注目したルーと穂ブレしない軽量バスロッドを開発
まとめ 編集部

最もカッコいいイシダイマンを目差して 106
写真と文 丸橋英三

国産の本気ミリオネア 112
世界で認められる品質を目差した日本初となるバス用ベイトリール
文 編集部

〝殿堂入り〟した長年の相棒ビッグバド 115
ハウストーナメントに参加しオールドへドンで優勝果たす
写真と文 井谷守

釣り振興の立役者マスタッドの功績 118
徹底的な市場調査を行ない釣りバリの大量生産を実現
写真と文 北出弘紀

偏愛のススメ
人気ルアーに脇目も振らず自分が楽しむべき道を進む 123
プラルアーの元祖ボーマー 124
現行ルアーに劣らないいにしえのアメリカン
文 植木將夫

ラパラの希少ホイルに魅せられて 127
魚を釣る能力はもちろん半世紀前でも状態は抜群
文 海野剛

001

『1日10尾からのステップアップ 最先端の鮎釣り遊学』6月上旬発売

2023年「ダイワ鮎マスターズ」全国大会を制覇し二度目の優勝に輝き、アユのルアー釣り(アユイング)も積極的に普及に努めている有岡只祐さんが、「アユ釣り」=友釣り&アユルアーの釣りの楽しみ方と上達のコツを、あますところなく大公開。これから釣り道具を購入する方から上級者を目差すベテランまで役に立つ、アユ釣りの魅力をギュッと詰め込んだ一冊。
著者の有岡只祐さんは子どもの頃からアユ釣りに親しみ、アユと一緒に泳いで水中のアユを観察し、長じてからは釣り大会に目覚め、尊敬する名手たちに学びライバルたちと切磋琢磨していくなかで独自の視点を獲得し上達していきました。またそれは、四国でナス栽培を軸とした農業を営みながらアユ釣りを楽しむライフスタイルにも支えられたものです。
「アユ釣りは面白そうだけれど難しい」。そんな先入観を、本書がひっくり返します。

目次

はじめに 5

第1章 アユ釣りとの出会い 6
生まれ育った環境について 7
少年時代の釣り 7
釣り大会への目ざめ 10
よく釣る人を真似る アユの気持ちになって考える 11
釣果が振れすぎない釣りを心掛ける 13

第2章 友釣りの道具選び 14

サオ選び、最初の1本 15
2本目の選び方 17
私がサオに求めるもの 18
感度 19
ウエア類のアドバイス/ベスト・シャツ・タイツ他 20
タモ・引き舟・小物(オモリポーチ・ハリケース) 24

第3章 仕掛けについての考察 26

完成仕掛けについて 27
仕掛け作りは釣りの楽しさを何倍にもしてくれる 27
仕掛けの各部について
天井イト 28/ハナカン周り 32/逆バリ 32/水中イト周り 34/ハリ 35/背バリ 36/オモリ 38

第4章 川に立つ 40

視点~アユの立場で考える・見る 41
アユが食んだ石 42
初期・盛期・後期それぞれのアユとポイント
初期群れアユ 44/盛期高活性 46/後期産卵間近(大アユ) 47/高水(増える) 48/高水(減る) 49/残りアカポイント 50/渇水時のポイント 52/アカ腐れのポイント 52

第5章 最初の目標「1日10尾」 54

友釣り初心者が1日10尾を釣るにはどこをどう釣る? 55
最初の1尾 56
オトリをトラブルフリ―で早く交換する方法 56
しっかり確実に引き抜く方法 59
釣れない時のオトリの状態とは 62
逆バリの外れ、中ハリスのトラブルにも注意 63

第6章 ステップアップ 65
私のステップアップ サオの曲がりの違い 66
扇引きへの目ざめ 69
ひょうたんから駒ならぬアユが出た⁉ 71
オトリの打ち込みは高飛び込みの選手のように頭から静かにダイブさせる 73
どこに入れ込めば釣れるのか? 76
オトリの泳ぎコントロール 77
「息を吐く」釣り 79
サオ尻の余し方 81
サオ角度の重要性 82

第7章 続・ステップアップ 86
オトリの振れ幅=元気のバロメーター 87
スライドのコントロール 88
横の動きをどこまで出すのか 90
投げるか送り出すか? 90
送り出す釣りで手前のサラ場を独り占め 95
探る速度と見切りについて 95
目印はなぜ大事なのか 96
目印に現われるゼロ 97
目印の横振れ・縦振れ 100
ラインの使い分け 101
逆バリと打つ位置 102
群れアユの釣り 104

第8章 アユイング入門 107
友釣りとの共通点 108
タックル 109
アユイングの魅力、1尾の価値 110
ルアーのセッティング 111
ハリハリスの長さ、ハリの形状、ハリスの硬さ 112
掛かり処のいろいろ 112
ルアー操作の基本 116
理想の掛かり方 118

第9章 師匠、巨匠、ライバル、友―私を成長させてくれた名手たち 120
村田満 121/立岩克也 122/主藤秀雄 123/鹿子嶋誠 124/野間清 125/小澤剛 126/瀬田匡志 127/岡崎孝 128

第10章 アユ釣り競技会の魅力 129
「ダイワ鮎マスターズ」への目ざめ 130
アユ釣りで日本で一番になりたい 131
「ダイワ鮎マスターズ」初の全国決勝大会へ 133
テスターというクラスで切磋琢磨するということ 134

最終章 オムニバス・メッセージ 136
ナス栽培から学ぶアユのこと 季節の変化 137
自社経営とアユ釣り 大事にしていることの共通点 139
これから始める若いアユ釣りファンの方たちへ 140
アユ河川の環境と現状 未来への思い 140

あとがき 142

001

ページトップヘ