編集長を知る Meet the Editors

月刊つり人編集長

つり人編集長:八木健介

 

経歴:
2001年つり人社入社。10年以上編集に携わった『月刊フライフィッシャー』の編集長を経て、2015年から『月刊つり人』編集長。渓流・本流・湖・海と場所を問わずフライフィッシングを楽しむほか、近年はアユ釣り、メジナ釣り、タナゴ釣り、海の船釣りなど、ジャンルを問わず釣りに親しんでいる。

つり歴:
25年

つりジャンル:
ここ数年で急速に拡大中。どんな釣りにもその数だけ奥行や楽しさがあることを再認識している。

思い出の魚:
小学生の時に初めて吸い込み仕掛けで釣ったコイと、大学生の時に初めて自作の毛バリで釣ったヤマメ。

釣りをしていて一番幸せな瞬間:
工夫や粘りや上達が形となって魚が釣れた時はいつでもうれしい。また、最近は釣った魚をさばき、それを食べた子どもたちが喜ぶ姿を見るのも釣りの楽しさだと感じている。


taki

Fly Fisher編集長:滝 大輔

 

経歴:
1996年つり人社入社。「FlyFisher」に配属され、2009年に編集長就任。その後、映像映像編集室長、デジタルコンテンツグループリーダーを経て、2019年より「FlyFisher」編集長に再任。渓流から海までオールジャンルのフライフィッシングを楽しんでいる。

つり歴:
フライフィッシング歴25年以上

つりジャンル:
ほぼフライフィッシングオンリー。フライフィッシングならなんでも好きです。タイイング、キャスティングも含めて。

思い出の魚:
思い出の魚は数えきれませんが、あえてあげるなら、学生時代、フライフィッシング初挑戦の日、最初の1投目に釣れたブラックバス。これ、本当の話です。

釣りをしていて一番幸せな瞬間:
ねらっていた魚が釣れた時。なかなか結果が出なくて、もがいた末に魚が掛かると……、おじさんになっても膝が震えることってありますよね。

North Angler’s編集長:真野秋綱

 

経歴:
2005年つり人社入社。『つり人』編集部に所属し、以降『渓流』編集長、『FlyFisher』編集長などを経て2020年より『North Angler’s』編集長を務める。

つり歴:
25年

つりジャンル:
『つり人』編集部に在籍時は沖釣り、渓流釣りにハマっていたが、『FlyFisher』編集部に異動してからはフライフィッシングに集中。現在は北海道の各釣りジャンルを幅広く楽しもうと計画中。トラウトねらいでは春の湖のセミパターン、川のビッグドライなどに夢中。

思い出の魚:
2020年の春、支笏湖でセミのフライを食ってくれたニジマス。

釣りをしていて一番幸せな瞬間:
水辺でイトを垂れているだけで幸せ……と書きたいところだが、実際にはその域には達することはできず。やっぱり大きな魚が掛かった瞬間、一番コーフンしてしまう。

prof-1

ページトップヘ