書籍・ムック詳細 Books Archive

雷魚 Power of Snakehead 2018

雷魚 Power of Snakehead 2018

定価:本体2,037円+税

出版年度:2018

A4変型判

特集
「雷魚と遊ぼう」
夫婦や子どもと出かける
キャンプを愉しむ
それぞれの過ごし方

ノスタルジックな里山の風景に身を置いて楽しむライギョ釣りを取り上げた1冊。
水草で覆われた静かな川や池に捕食音が響いた次の瞬間、水面からライギョが大きく未を躍らせる。
釣り方や道具の紹介に重点を置いた釣り雑誌が多い今の時代、本書はライギョ釣りのロケーションにこだわり、
1尾を手にするまでの過程をドキュメントで紹介します。
巻頭カラーは新家邦紹さんが希少種のライヒーと出会う。
その他、赤羽修弥さん、高井主馬さんなど、ライギョ釣りのエキスパートがカムルチーを求めて東奔西走。
そして今回の特集は「雷魚と遊ぶ」。
ストイックなイメージの強いライギョ釣りですが、それは正しくもあり、誤解でもあります。
子供を連れて出かけたり、夫婦で楽しんだり……と、
それぞれの生活スタイルに合わせ思いのままの自分流に楽しむことができる。
そんなライギョのある生活を紹介します。

CONTENTS

005 ライヒーに会いに行く
   初夏の溜め池で、もうひとつのライギョを釣る
   釣り人/新家邦紹
   写真◎津留崎健 文◎伊藤巧

018 悪あがきが呼び込んだ奇跡
   ハイプレッシャーにあらがった先に価値ある1尾
   釣り人/赤羽修弥
   写真&文◎伊藤巧

026 ライギョ旅に出よう
   憧憬の里山クリークに癒される
   釣り人/高井主馬
   写真&文◎伊藤巧

038 春雨の恩恵を受けて楽しむ
   プレッシャーが薄まる雨を絡めてスケジュールを組む
   釣り人/渡辺香佐
   写真&文◎伊藤巧

044 四季濃尾平野ライギョ巡り
   文◎高井主馬
写真◎伊藤巧

050 一瞬の静寂の先に
   まだ見ぬ世界と対峙した48時間ライギョ放浪記
   釣り人/山中康嗣
   写真&文◎猪俣博史

056 我が愛しきアンバサダー
   オリジナルモデルへのこだわりを回顧
   写真◎伊藤巧 文◎山中康嗣

060 トンボ舞う池に想う
   外来魚を駆除すれば、生態系は復活するのか?
   写真&文◎新家邦紹

067 特集「雷魚と遊ぼう」
   充実したフィッシングライフを送る
   アングラーのマイペースな過ごし方

068 新家邦紹×赤江保昭 対談「ライギョ釣りは水辺の遊び」 まとめ◎伊藤巧

074 本田治樹&さとみ「結婚10年目の海外旅行。それがトーマン釣り」

080 西明日香「女性でも楽しめるライギョゲーム」

084 新名啓一郎「自然散策アソビたまにライギョ釣り」

088 長江正志「息子からの贈りもの」

092 桑原敬介&順子「夫婦で出かけるライギョ釣りの魅力」

096 丸山洋行「ライトキャンプでさらに愉しむ」

100 愛知県西部がライギョ王国と呼ばれた時代
フロッグゲーム黎明期の試行錯誤が礎を築く
文◎幸村学

106 規制か共生か 2018年度改訂版
文◎大東たくじ

108 水田地帯の大物
   巨大な黒い影が米の産地に多く見られる事象を考察
   文◎丸山洋行

112 アジアに見る食用としてのライギョ事情
文◎大東たくじ

114 ’72Ambassadeur6500C 067200に見つけた溝
文◎山中康嗣

116 ライギョ釣人座談会
   渡辺香佐×山中康嗣×高井主馬
   まとめ◎伊藤巧

120 流れの中から誘い出す
   人工建造物周りのイメージゲーム
   文◎丸山洋行

123 For beginners ライギョ釣りを始めよう
~あの捕食音とファイトを味わえば~
   文◎高井主馬

ページトップヘ