掲載広告の募集Advertisement

つり人 広告のご案内

つり人はこんな雑誌です。


ターゲットは30〜50代を中心に想定し、アユ、渓流釣りを軸にした川釣りをメインに取り扱っています。 またタナゴやマブナなど、他誌ではあまり扱わない、子どもでも楽しめる釣りも掲載することで、読者層の拡大に努めています。釣った釣れないという記事だけではなく、料理、酒、浮世絵、絵画、写真、温泉、宿、自然環境問題など、釣りを取り巻くさまざまなものを取り上げた総合誌らしい誌面作りを心がけています。

つり人読者調査資料


2012年12月で創刊800号を迎えた、釣りの月刊誌としては世界で最も歴史ある『つり人』。ひとつの釣り雑誌がこれだけ長きにわたり発行を続けてこられたのは、全国の多くのファンに支えられてきたからに他なりません。

月刊『つり人』が釣り業界に与える影響はきわめて強く、現在出版されている数多くの釣り雑誌の中でも、その影響は突出しているといえるでしょう。

バスフィッシングのブームを巻き起こした月刊『Basser』。フライフィッシングを日本に定着させることに大きく貢献した月刊『FlyFisher』。そのほかアオリイカのエギングを広めた別冊つり人『アオリイカ地獄』や、アユ釣りファンが注目する別冊つり人『鮎釣り』など多くのムックは、すべて月刊『つり人』からの発信でスタートしたといえます。

グラフ

月刊『つり人』は多様になるニーズに応え、またさらなるファンの増加を目指して、今後もよりよい誌面作りに努力してまいります。


つり人読者調査資料


地域別配本図

発行の概要


発行形態
月刊(毎月25日発売) 創刊1946年
販売方式
書店・釣具店
発行部数
5万部
製本寸法
A4変型判(ヨコ210mm×タテ285mm)



広告の寸法


AD_size3

広告申込締切日


4色ページ
発売日50日前
1色ページ
発売日50日前



完全版下締切日


発売日35日前

広告料金表


掲載面 スペース 定価
表4(4色) 1ページ 660,000円
表3(4色) 1ページ 510,000円
表2見開き(4色) 2ページ 1,060,000円
4色 1ページ 460,000円
4色 1/2ヨコ 250,000円
4色 1/2タテ 250,000円
4色 1/3タテ 190,000円
4色 1/4ヨコ 150,000円
1色 1ページ 260,000円
1色 1/2ヨコ 150,000円
1色 1/3タテ 110,000円
1色 1/4ヨコ 85,000円
1色 1/8ヨコ 50,000円


イメージアップには記事スタイル広告をお勧めします!


編集記事と同じ取材方法、デザインで読者に紹介するスタイルの広告です。
クライアント各位からのご依頼により編集部と企画し、あくまでも読者に楽しんでもらえる「編集記事」とし、その中で御社の製品等が違和感なく紹介されます。
自然なかたちでページに登場する製品等は、読者の心をつかむ記事との相乗効果で、強くアピールするでしょう。

  • 編集部と企画を立て、編集記事と同じ取材方法とデザインで紹介する広告です。製品をどのようにアピールしたいのかをご相談ください。
  • 写真、レイアウト、文章につきましては、編集部にお任せいただくことになります。
  • 各号のお申し込みは、発売日の2ヵ月半前までにお願いいたします。
  • 広告スペースは4色、1色、いずれも2ページ(見開き)からお受けいたします。

※その他、取材などで必要となった実費(交通費、宿泊費)は加算させていただきます。

料金

Basser 広告のご案内


Basserの歴史がわが国のバスフィッシングの歴史。



Basserは、1986年にわが国初のバスフィッシング専門誌として創刊されました。バスフィッシングをアウトドアスポーツのひとつとしてとらえ、釣りの技術や情報を深く掘り下げているだけでなく、他のレジャーとのクロスオーバー、自然環境問題など広く題材を求めた誌面構成が高い評価をいただいています。Basserを読んで育ったというトッププロも少なくありません。

購買読者層の中心は、20代後半から40代前半まで。とくに、若い頃にバスフィッシングにのめり込んだ方が、子どもが大きくなったのを機に再度ファミリーでバスフィッシングを始めた、という30代男性が多い傾向にあります。さらに、釣り専門のポータルサイト”いいつり人ドットジェーピー”とリンクした誌面作りに着手。誌面では伝えきれない情報を動画(“THE MISSION MOVIE”など)でも発信しています。また、本場アメリカから高い評価を受けていることも見逃せません。 アメリカのトッププロや業界関係者の多くがBasserの愛読者です。

「Basserの歴史がわが国のバスフィッシングの歴史……」

あるトッププロからいただいたそんな言葉を私たちは心から誇りに思います。

Basserは、日本初のバスフィッシング専門誌として1986年に創刊しました。
以来、最新情報を提供しながら2012年ついに250号を迎えました。
20年以上に渡って蓄積してきた信頼と実績は、他の媒体の追従を許しません。


Basserの広告はここが違います。



● パブリシティー効果が違います。

他に例を見ない豊富な4色ページを多用した誌面は、パブリシティー効果を高いものにしています。新製品、イベントの紹介にご活用ください。

● 各種特別企画が違います。

小売店様には、バーゲンや各種イベントの告知に使っていただける連載企画をご用意。全国に向けて貴店の情報を発信してみませんか。店舗紹介ページも好評です。地図や写真で集客をアップします。

● 注目度、信頼度が違います。

長年の信頼と業界トップの出稿量で、広告への高い注目度が評価されています。
日本を代表するトッププロが集結し、毎年4000名以上を観客を動員する、弊社主催の『Basserオールスタークラシック』は、今や日本最大級のバスフィッシングのイベントです。
現在、多くの釣り人は岸から釣りをするスタイル、”オカッパリ”や、手軽なレンタルボートを利用してバスフィッシングを楽しんでいます。
そこで、より読者に近い目線でトッププロが勝負したらどうかという企画から立ち上がったのが、『オカッパリオールスタークラシック』であり『レンタルボートスターウオーズ』です。
トッププロのトーナメントといえば大型船外機を搭載したボートフィッシングが定番だったのですが、こういったフレキシブルな発想で誌面作りをしています。


Basserの主な内容。


内容
Basserが目指すのは、“漁”ではなく“釣り”としてのバスフィッシング。
一生の遊びとして、生活を豊かにしてくれるようなバスフィッシングとの付き合い方を提案します。 そのためには国内外を問わず、積極的な取材を敢行します。
バスフィッシングの長い歴史を持つアメリカ合衆国にも、わが国の釣り雑誌としては唯一、取材チームを常駐。 ワールドワイドなニュースをお届けします。

新製品やテクニックだけでなく、バスフィッシングにまつわるさまざまな情報を網羅しているのもBasserの魅力のひとつです。


内容
バスフィッシングの本場アメリカの最新情報も掲載しています。
日本国内だけでなく、アメリカのバスプロからも高い評価を受けています。

Basser 読者調査資料



わが国の釣り有効活動人口は、約2,000万人と言われています。
年齢別に見ても、30、40代が最も多く、数多いアウトドアレジャーの中でも非常に安定した地位を確保しています。
その中でもバスフィッシングは、誰でも手軽にエントリーできることに加えてゲーム性が非常に高く、10代から40代までと幅広いファン層を持つ釣りです。
その人気の高さは、テレビや雑誌などでの数多い露出を見れば明らかです。
有名タレントや文化人の中にもファンは多く、一種の社会現象として取り上げられることもあります。
Basserは、こういった動きにも敏感に対応しながら、日本初のバスフィッシング専門誌として、息の長いファンを育てるための誌面作りを心がけています。

読者の年齢層
地域別配本図

発行の概要


発行形態
月刊(毎月26日発売) 創刊1985年
販売方式
書店・釣具店
発行部数
8万部
製本寸法
B5変型判(ヨコ195mm×タテ257mm)




広告の寸法



寸法

広告申込締切日


4色ページ
発売日50日前
1色ページ
発売日50日前



完全版下締切日


発売日35日前

掲載面 スペース 定価
表4(4色) 1ページ 660,000円
表3(4色) 1ページ 510,000円
表2見開き 2ページ 1,060,000円
目次対向 1ページ 510,000円
4色 1ページ 460,000円
4色 1/2ヨコ 250,000円
4色 1/2タテ 250,000円
4色 1/3タテ 190,000円
4色 1/4ヨコ 150,000円
1色 1ページ 260,000円
1色 1/2ヨコ 150,000円
1色 1/3タテ 110,000円
1色 1/4ヨコ 85,000円
1色 1/8ヨコ 50,000円


イメージアップには記事スタイル広告をお勧めします!


編集記事と同じ取材方法、デザインで読者に紹介するスタイルの広告です。
クライアント各位からのご依頼により編集部と企画し、あくまでも読者に楽しんでもらえる「編集記事」とし、その中で御社の製品等が違和感なく紹介されます。
自然なかたちでページに登場する製品等は、読者の心をつかむ記事との相乗効果で、強くアピールするでしょう。

  • 編集部と企画を立て、編集記事と同じ取材方法とデザインで紹介する広告です。製品をどのようにアピールしたいのかをご相談ください。
  • 写真、レイアウト、文章につきましては、編集部にお任せいただくことになります。
  • 各号のお申し込みは、発売日の2ヵ月半前までにお願いいたします。
  • 広告スペースは4色、1色、いずれも2ページ(見開き)からお受けいたします。

※その他、取材などで必要となった実費(交通費、宿泊費)は加算させていただきます。

企業イメージ、あるいはブランドイメージの定着にも有効です。



料金

FlyFisher 広告のご案内

ライフスタイルのひとつとしてのフライフィッシング

かつて海外から輸入されたフライフィッシングですが、現在では我が国に完全に定着しました。日本の釣り場環境に合わせ、独自の道具も発達し、メイン対象魚である渓流魚だけでなく、大河川、湖、海とフィールドを拡大し続けています。マニアックで嗜好性の高い釣りであることから、フライフィッシング人口は、ブームなどに左右されることが少なく、常に安定した数で増加を続けております。

またフライフィッシングを楽しむ人たちはほかの釣りに比べて趣味性を大切にする傾向にあり、釣り道具だけでなく、クルマ、音楽、デジタルカメラ、パソコン、ファッションなどさまざまなモノにこだわりを持つ方が多いようです。
そのため多くの読者のホームページやブログなどは他の釣りジャンルに比べて格段の充実度を誇っております。

日本だけにとどまらず世界中で楽しまれている釣りなので、アメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランドなど海外へ積極的に釣行する人も多く見られます。

こうした状況から、現在フライフィッシングとは「魚釣り」という範疇にとどまらず、ライフスタイルのひとつとして認識されつつあります。

現在の読者層は30歳〜60歳代の比較的年収も高めの方が多く、特に富裕層に、おしゃれな趣味、としての人気が高まっております。
また団塊世代の入門者も増え続けていることから、今後もこの傾向は拡大すると思われます。

「FlyFisher」は1988年に創刊し、日本で唯一、月刊で発行されているフライフィッシング専門誌です。
最先端のテクニックや、美しい自然の中で遊ぶ楽しさを取り上げ続けてきました。

高いデザイン性と内容は、海外からも高い評価を得ており、マニアックなフライフィッシャーからビギナーまで、あらゆるファンにダイレクトにアピールします。
特にこだわりを持った富裕層の方々への広告媒体として大きなアピール効果を望めます。


発行の概要


発行形態
月刊(毎月22日発売) 創刊1988年
販売方式
書店・釣具店
発行部数
5万部
製本寸法
A4変型判(ヨコ210mm×タテ285mm)



Fly Fisher 読者調査資料


読者調査
地図別配本図

発行の概要


発行形態
月刊(毎月22日発売)創刊1988年
販売方式
書店・釣具店
発行部数
5万部
製本寸法
A4変型判(ヨコ210mm×タテ285mm)



広告の寸法

寸法

広告申込締切日

4色ページ
発売日50日前
1色ページ
発売日50日前



完全版下締切日

発売日35日前

広告料金表

掲載面 スペース 定価
表4(4色) 1ページ 660,000円
表3(4色) 1ページ 510,000円
表2見開き 2ページ 1,060,000円
目次対向 1ページ 510,000円
4色 1ページ 460,000円
4色 1/2ヨコ 250,000円
4色 1/2タテ 250,000円
4色 1/3タテ 190,000円
4色 1/4ヨコ 150,000円
1色 1ページ 260,000円
1色 1/2ヨコ 150,000円
1色 1/3タテ 110,000円
1色 1/4ヨコ 85,000円
1色 1/8ヨコ 50,000円


イメージアップには記事スタイル広告をお勧めします!


編集記事と同じ取材方法、デザインで読者に紹介するスタイルの広告です。クライアント各位からのご依頼により編集部と企画し、あくまでも読者に楽しんでもらえる「編集記事」とし、その中で御社の製品等が違和感なく紹介されます。自然なかたちでページに登場する製品等は、読者の心をつかむ記事との相乗効果で、強くアピールするでしょう。企業イメージ、あるいはブランドイメージの定着にも有効です。

  • 編集部と企画を立て、編集記事と同じ取材方法とデザインで紹介する広告です。製品をどのようにアピールしたいのかをご相談ください。
  • 写真、レイアウト、文章につきましては、編集部にお任せいただくことになります。
  • 各号のお申し込みは、発売日の2ヵ月半前までにお願いいたします。
  • 広告スペースは4色、1色、いずれも2ページ(見開き)からお受けいたします。

※その他、取材などで必要となった実費(交通費、宿泊費)は加算させていただきます。


料金

North Angler’s 広告のご案内


北海道の釣りをリードする総合誌


道内は近年、海アメや海サクラ、ロックフィッシュなどのソルトウオーター・ルアーフィッシングが大ブーム。以前にも増して北海道というフィールドが脚光を浴びており、道内在住の釣り人だけでなく、本州の釣り人からも熱い視線が注がれています。本誌はソルトウオーター・ルアーフィッシングにいち早く着目。新しいスタイルを提案してきましたが、読者からの数多いご要望に応え、2008年からは月刊で発行をしております。

編集方針


北海道内で楽しめるすべての釣りを紹介する総合釣り雑誌。人気が高い川や湖のルアー&フライフィッシングを中心に、近年ますます盛り上がりをみせるソルトウオーター・ルアーフィッシングなど、北海道のフィールドで楽しめるさまざまな釣りを紹介していきます。創刊以来、よりゲーム性の高い釣りを提案する誌面スタイルが、おかげさまで読者の皆様からご好評をいただき、2008年6月より、隔月発行から年10回発行の月刊誌へ生まれ変わりました。

北海道にこだわった編集


広大なフィールドを持つ北海道の釣りを、四季折々に全道くまなく紹介していきます。道内の釣り人はもちろん、北海道釣行を考えている道外の釣り人にもご愛読いただいております。

釣り人の視野が広がる雑誌


あくまで、北海道の地ネタにこだわりながらも、全国の釣り場事情や最新テクニックなども紹介し、”釣り人の視野が広がる雑誌”を目指します。

釣り場環境の向上を目指す雑誌


読者調査

近年、ゴミ問題や魚の減少など、釣り場環境の悪化が各地で叫ばれています。
小誌では、身近な所で起こっている環境問題、キャッチ&リリースへの取り組みなどを積極的に取り上げ、読者の皆さんと「フィールドの将来」について考えていきたいと思います。
購買対象は20040代
読者層は新製品に敏感で購買力もある20040代を中心にしておりますので、より高い広告効果が期待できます。
この年代の釣り人にスムーズに受け入れられるよう、カラー写真をふんだんに使ったビジュアルな誌面展開を図ります。


発行の概要


発行形態
月刊(1、3月を除く) 創刊1998年
販売方式
書店・釣具店
発行部数
4万部
製本寸法
A4変型判(ヨコ210mm×タテ285mm)



広告の寸法


寸法

広告申込締切日


4色ページ
発売日50日
前1色ページ
発売日50日前



完全版下締切日


発売日35日前

広告料金表


掲載面 スペース 定価
表4(4色) 1ページ 550,000円
表3(4色) 1ページ 450,000円
表3(4色) 1ページ 450,000円
4色 1ページ 350,000円
4色 1/2ヨコ 250,000円
4色 1/2タテ 250,000円
4色 1/3タテ 190,000円
4色 1/4ヨコ 150,000円
1色 1ページ 150,000円
1色 1/2ヨコ 100,000円
1色 1/3タテ 80,000円
1色 1/4ヨコ 60,000円
1色 1/8ヨコ 35,000円


イメージアップには記事スタイル広告をお勧めします!


編集記事と同じ取材方法、デザインで読者に紹介するスタイルの広告です。
クライアント各位からのご依頼により編集部と企画し、あくまでも読者に楽しんでもらえる「編集記事」とし、その中で御社の製品等が違和感なく紹介されます。
自然なかたちでページに登場する製品等は、読者の心をつかむ記事との相乗効果で、強くアピールするでしょう。
企業イメージ、あるいはブランドイメージの定着にも有効です。

編集部と企画を立て、編集記事と同じ取材方法とデザインで紹介する広告です。
製品をどのようにアピールしたいのかをご相談ください。
写真、レイアウト、文章につきましては、編集部にお任せいただくことになります。
各号のお申し込みは、発売日の2ヵ月半前までにお願いいたします。
広告スペースは4色、1色、いずれも2ページ(見開き)からお受けいたします。

※その他、各種タイアップ、プロモーションなどにつきましても、ご相談ください。
※その他、取材などで必要となった実費(交通費、宿泊費)は加算させていただきます。
※純広告料金に関しましては料金表をご参照ください。

料金

ページトップヘ