Basser

最新号紹介  Latest Issue

Basser 2016年10月号
晩夏〜秋のトップウォーターゲーム
Top Water Games

達人たちが明かす晩夏〜初秋の水面遊戯

 「トップウォーターは梅雨〜初夏の釣り」というイメージをお持ちでないでしょうか。しかし実際には、盛夏を過ぎたあとの「晩夏〜秋」に、トップウォーターは2度目の盛期を迎えます。特集ではSUP(スタンドアップパドル)を用いた新たなスタイルの提案や、グラビンバズ、フロッグを始め、さまざまなベイトフィッシュと関連するトップウォーターパターンなど注目の記事が目白押しです。
 雨貝健太郎さんによるB.A.S.S.トレポートでは、ついにウィ―ラーレイクでの大森貴洋さんによる大逆転劇の全貌が明かされます。優勝どころか予選通過さえ危ぶまれた初日72位……そして最終日を残してなお首位との間に横たわっていた大きな壁を、T.O.はいかにして突き破ったのか。痛快で胸が熱くなる展開は見逃せません。
 田辺哲男さんの連載「THE TAKEBACK」では、発売以来各地でビッグフィッシュ捕獲報告が絶えないビッグスプーン「ダイラッカ」について詳細に解説。日本のアングラーには馴染みのなかったジャンルだけに、「いつどこでどのように」を学ぶことのできるこの記事は必読です。
 並木敏成さんによる「リザーバーマネジメント」では、真夏の相模湖の実釣編が掲載されています。数、サイズともに、同船した記者が驚愕した釣果を、並木さんはいかにして生み出したのか。エリアの見立てや釣果に直結するテクニックの数々に注目です。

 
 
 

バックナンバー  Back Number

コンセプト  Concept

バスフィッシングという最高にしい遊び



ブラックバスという魚を愛してやまない人たちがいます。
ルアーの対象魚としては、もっと大型化する魚もたくさんいます。
我が国には食べて美味しい魚もたくさんいます。
それでもバスフィッシングほど楽しい遊びはないと思う人たちがいます。
それはブラックバスという魚が持つ生来のゲーム性のためにほかなりません。

『Basser』は、1986年にわが国初のバスフィッシング専門誌として創刊されました。
日本のみならず本場アメリカのトーナメントシーン、ムーブメントを伝え続けてきました。
テクニックを磨くこと、その頂点を目指すトーナメント記事は本誌の看板のひとつです。
しかしながらブラックバスという魚の持つゲーム性はそれだけでもありません。

大勢のライバルと競って面白く、
ひとり水辺に立つ、あるいは湖上に浮かんで面白く、
ただひたすらに記録級の大型をねらって面白く、
五感をフル活用する野遊びとして面白く、
家族や恋人とのアウトドアレジャーとして面白く、
特定のルアーやシチュエーションにこだわって面白く、
ゴルフなどのスポーツと同様にキャスト動作などのスキル向上が面白く、
GPSや魚群探知機などのハイテク機器を駆使した頭脳パズルとして面白い。

春に釣っても夏に釣っても秋に釣っても冬に釣っても面白く、
たくさん釣れれば面白く、1尾、いえ、1回のアタリがなくても面白い。

そうしたバスフィッシングを愛してやまない人たちをバサーと呼びます。

『Basser』は特集にこだわります。
どの部分を面白がっているバスアングラーにも響く、
そして明日の釣りに役立つ情報を発信していきたいからです。

ページトップヘ