書籍・ムック詳細 Books Archive

ルアーパラダイス九州 No.15 2016年晩秋号

ルアーパラダイス九州 No.15 2016年晩秋号

定価:本体1000円+税

出版年度:2016

A4変型判132ページ

第1特集は 「出すぞ!食わすぞ!絶対獲るぞ!今こそ秋磯!」 今、もっともエキサイティングなフィールドが秋の磯。 ヒラマサ、ブリ、カンパチの御三家を筆頭にする青ものが手の届く至近距離まで回遊してくるので、憧れの青い弾丸をその手に掴む確率がグンと上昇する。 津留崎義孝さんや松岡豪之さんら磯のカリスマたちが 山田秀樹さん、大川漁志さん、松本仁さん、荒木潤一さんら磯の磯マイスターたちが 青ものやヒラスズキを核とした秋磯のルアー方程式を公開。 さらにシーバス、アオリイカ、ロックフィッシュなど 多角的に秋磯の魅力を余すところなく紹介します! 第2特集は 「磯だけじゃない!ボート&堤防で盛り上がる秋の九州は美味ゲーRUSH!」 引きの強さも脂の乗りも春より秋が断然上と言われるマダイを筆頭に 釣果とともに味覚でも最高潮を迎える九州の美味ゲーを一挙に公開! 手軽なヒイカやマハゼから、絶好機を迎えたアジ、ハタ、マダコまで。 シーバスのみならずタチウオ、サゴシ、マゴチまで登場する迫力満点の博多湾ボートゲームもお見逃しなく! 「九州の水辺の気になるアレもコレも…」 迫力ある美しい写真で展開するカラーグラビアページに対して、モノクロページは読み物が中心。中でも田代俊一郎さんが毎号気になる地名を旅する「さかなへんな旅」と編集長が気になる現場で釣りをする「九州一周予習復習」は気になる2大連載と言える。「さかなへんな旅」とは魚編の付く地名に赴き、その地名の由来に思いを馳せる紀行文。今回は鷹島にある鰈岬へ。そして九州一周予習復習のお題は近年ジワジワと人気が高まっているハゼクラに初挑戦!

ページトップヘ