最新号紹介 Latest Issue

FlyFisher2020年6月号 Early Summer

FlyFisher2020年6月号 Early Summer

定価:本体2,000円+税

出版年度:2020

A4変型判164ページ

特集
選びきれない幸せ。
最新フライロッド・カタログ

現在日本で購入できるグラファイト(と少しグラス)ロッドをメーカーごとに分けて紹介します。取り上げたのは各メーカーの最新モデルとハイエンド・フラッグシップモデル。メジャーなメーカーのものは基本的に、渓流で使いそうな3番、近年充実してきた6番前後のダブルハンド、ソルトウオーターも視野に入れた8番を実際にキャストしたフィーリングも掲載しました。
どれもこれもが釣り道具としてすばらしい性能を持ちがながら、その上で個性を主張しています。これだけある中から選ぶことができる幸せな悩みを、ぜひ味わいましょう。 ほか、特集とはまったく逆方向、クラシックなハーディーのバンブーロッド39本を紹介。先達がロッド作りにどれほど情熱を傾けてきたかに触れます。

CONTENTS

008 BACK CAST

014
特集
選びきれない幸せ。
最新フライロッド・カタログ

016 オービス
020 スコット
026 セージ
032 シマノ
036 G・ルーミス
040 ウインストン
044 ティムコ
050 トーマス&トーマス
054 OPST
056 ビューラー
057 ループ
058 バリバス
059 ハーディー
060 キャプチュード
061 レディントン
062 ダイワ、テンリュウ
063 エコー、エピック
064 テンプルフォークアウトフィッターズ、ビジョン
065 フェンウィック、ダグラス
066 イクシーク、カムパネラ
067 TSR、Kブリット
068 アキスコ、KⅡカスタムロッド
069 ヤマガブランクス、フロッグプロダクツ

070 控えめな野心、控えめでない手間
  トム・モーガン・ロッドスミス新世代
  東 知憲=インタビュー

074 唯一無二の巨人ハーディーが作り続ける
  竹ザオの多様と変遷
  鈴木俊一=協力
東 知憲=文
  浦 壮一郎=写真

090
BENEATH THE FILM
津留崎 健=撮影

098
春近し……ライトラインで里川へ
中根淳一=文と写真

102
水を味わう旅

106
驚きの流れ

110
緑を浴びる

114
バルカンのゴーストを追う
ラスマス・オヴェセン=文
ラスマス・オヴェセン、ジュール・ラモフツ=写真

118
不可分な青

128 【連載】オホーツク通信
Vol.11 フライタイイング夜伽話「妄想の泉」
    コントラストでゴー。
備前 貢=文・写真

138
エゾハルゼミ支笏湖に不時着す
西井堅二=文と写真

144
エゾハルゼミ7人の8パターン
二橋龍太郎、二橋翔大、内田征児、工藤魁太、長崎 亘、佐藤 豪、前田朋寛
西井堅二=文と写真


146 本物のように出る! CICADAのタイイング
長崎 亘=解説
西井堅二=文と写真


148
最適解を追い求める。

152
直進するロングリーダー
岩井渓一郎=解説

154
「溝」というインターミディエイト

161 次号予告

ページトップヘ