最新号紹介 Latest Issue

FlyFisher2019年12月号 Mid Autumn

FlyFisher2019年12月号 Mid Autumn

定価:本体1,909円+税

出版年度:2019

A4変型判148ページ

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。

CONTENTS

003 BACK CAST

009
特集
フライライン大宇宙
多様性と混沌。
自分に合った1本がほしい。

010
Diversity of Fly Lines
白川 元=解説
編集部=文・写真

014
フライライン ブランドストーリー

020
フライラインの最前線と少し未来のこと
ジェフ・ピアス=解説
編集部=文・写真

042
私たちは雰囲気で選んでいる(のか?)
フライライン38本振りくらべ

丹 律章=文
楠堂亜希=撮影
編集部=構成

052
フライラインにまつわる素朴な疑問に答えるページ
稲見一郎=解説
小倉隆典=イラスト
文=編集部

055
紡がれてきたシルクラインの美質。
矢野宏治=解説
編集部=文・写真

060 本流尺ヤマメのドライフライタクティクス
渋谷直人=文
津留崎 健=撮影

068 「尺ハラスメント」という祝福

072 ブランド価値を伝える代弁者

076 自由な動きのための、責任あるデザイン。
中根淳一=文・写真

080 フライロッドの作り方
東 知憲=文
勝俣雅晴=写真

086 【連載】オホーツク通信
Vol.9 蝦夷鹿の毛フライズ秘宝館
備前 貢=文・写真

094 メインストリームとカウンター
東 知憲=文

098 どこまで高められる? 本流の感度
西井堅二=文・写真

104らしく、ライトに。

108
2019-2020年版
沖縄県・西表島の魅力と楽しみ方
中根淳一=文・写真

116 最後の冒険
フランソワ・ボタ=文・写真

124
第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ

124 EPISOD01:静岡県・大井川支流
浦 壮一郎=文・写真

132-135 EPISOD02: 長野県・三峰川支流
浦 壮一郎=文・写真

136-141 EPISOD03: 山形県・荒川

浦 壮一郎=文・写真

142-143
下田郷をフライフィッシングで盛り上げたい。

145 EVENT GOODS INFORMATION

146 次号予告

ページトップヘ