書籍・ムック詳細 Books Archive

ロックフィッシュ地獄 2019-2020

ロックフィッシュ地獄 2019-2020

定価:本体1,500円+税

出版年度:2019

A4変型判132ページ

ロックフィッシュマニアに捧げる至高の一冊
 息を呑む絶景あり、惚れ惚れする魚体あり、膝を打つアイデア満載のリグや機能あふれるタックルの紹介あり、そして綺羅星のごとく輝くロック界のスターフィッシュたちが勢ぞろい。冬から春にかけて盛り上がるメバル、夏から秋にかけてアングラーを魅了するハタ、そして北の海の主役で主役を張るアイナメ、ソイ。すべてのロックシーンの最前線がこの一冊に凝縮されています。

CONTENTS
014
[第一特集]
Yes.that is the future grouper fishing!
新境地を切り拓け!
これが未来のハタゲーム

016
[鹿児島県/上甑島]
“いかに釣るか”に価値を置き、手にした2尾の本命
九州にスジアラあり!
021
[愛媛県/黒部島]
百戦錬磨のヒロセマンが惚れ込む御荘のロックパラダイス!
超高速リトリーブでこそ大型ハタゲームは盛り上がる
026
[鹿児島県/久志]
ショアもオフショアもスジアラも
秋冬も期待の南薩の鉄火場
030
[高知県/甲浦]
軽快!お手軽!ボトムワインドで癒し系ハタゲーム
肩肘張らずにオオモンJr.と遊ぶ秋
034
[鹿児島県/下甑島]
キビナゴの海でアカハタと遊びスジアラを追う
ロックフィッシュスタイルにこだわり最高峰へ!
038
[島根県/西ノ島]
これまでも手探り、これからも手探り
独創的かつ未完のスイミングスタイル
042
[島根県/七類]
こだわりのフリーリグによるリフト&スイミング
キモはシンカーバイトの回避にあり!
046
[長崎県/野崎島、赤島]
攻めの軸という幹を決めれば、枝葉は自然に伸びるもの
ハタ釣り上達に欠かせないのはブレない攻め
050
[長崎県/西海市~長崎市]
SIN-ZOベイトで楽しむ夏の港内ULゲーム
長崎でミニオオモンハタと遊ぶ
054
[島根県/出雲市]
タフコンを跳ね返したハタ専用スイミングリグの実力
大社沖アカミズ激信!
058
[鹿児島県/上甑島]
惚れて東北から甑通い
スジアラミノーイングという戦略
062
[熊本県/内黒瀬、コシキ沖の瀬]
根掛かり回避と手返し効率で果敢に攻める
スイミングでハタを獲るならパパラッチ
066
[デコイ2019NEW]
形状による効果の差と水槽観察でわかること
ブレード使いの達人になろう!

072
[第二特集]
NO MEBARING,NO LIFE.
令和時代のメバルゲーム

074
[広島県/宿称島]
軽量プラグをストレスなく飛ばす……だけじゃない!
AYリグ見参!
078
[和歌山県/南紀]
想像を超える強さと感度と軽さ
東西のトップメバリストが本気で望んだ至高の1本
082
[福岡県/福岡市]
ハンドメイドルアー「ユーリ」開発秘話
九州北部のこだわりアングラーが追求したメバル道
086
[愛媛県/中島]
今日はレッドでも明日はブルーの
こんなに気持ちいい夏のデイメバゲーム
090
[岡山県/くじら島]
無人島の釣りキャンは想像以上の快適さ!
噂のKUJIRA-JIMAに上陸!

094
[第三特集]
Kingdom of the Rockfish
北海道・東北・北陸
ロックの本場から

096
[北海道/知床半島]
たかがガヤ、されどガヤ
本州トップメバリストが憧れ続けるエゾメバルとの邂逅
104
[北海道/利尻島]
すべてが規格外であり想定外
ハードロックの最高峰で過ごした夢の4日間
110
[北海道浦河町]
なぜ今このルアーを巻くのかを考える
ハードルアーでデカアブを追え‼
114
[北海道/積丹半島]
オールレンジに見るナチュラルロックゲーム用ロッドという考え
九州から豊穣の北海へ
118
[石川県/七尾市]
スーパーシャローで成立する初夏の能登島スイミングゲーム
突進を味わうタケノコ狩り
122
[宮城県/気仙沼大島]
あの興奮が蘇る!ここから始まる東北ロックフィッシュゲームの未来
プレイバック!気仙沼ロックフィッシュ・フェスタ
124
[宮城県/気仙沼湾]
食い渋る大ものはスピニングタックルのライトリグでねらう
『気仙沼ロックフィッシュ・フェスタ』優勝者が凱旋のビッグアイナメ釣行!
128
今年も開催決定!
第2回 気仙沼ロックフィッシュ・フェスタ募集要項

STAFF
■Editor in chief/天野三三雄
■Advertisement Editors/岡村政宏+小谷中純一
■Photographer & Writer/松本賢治+高崎冬樹+内川卓也+藤原武史+形田淳+中川貴宣+宇野章則
■Illustrator/佐々木淳二
■Designers/長岡学+石川達也

ページトップヘ