最新号紹介 Latest Issue

Basser2019年9月号

Basser2019年9月号

定価:本体815円+税

出版年度:2019

B5変型判180ページ

【特集】
濁りのバス!-BASS QUEST in MUDDY WATER-

今号の特集は「濁り」。
バスの活性を著しく上げ、時に下げることもあるこの現象を掘り下げます。
過去に濁りに見舞われた取材でのケーススタディーに始まり、水温や流入量による濁りの立体的な捉え方、良い濁りと悪い濁りの違い、濁り始めから濁りが抜けるタイミングまでの釣りの切り替え方、ルアーローテーションの具体例、科学的見地から考える濁りへの対処など、注目トピックが満載です。
モデルとなるフィールドは八郎潟、桧原湖、霞ヶ浦、利根川、亀山湖、津久井湖、琵琶湖、七色貯水池、そしてアメリカなど多岐にわたります。
また、JBTOP50レポートでは最年長優勝記録を「59」に更新した沢村幸弘さんの強さの理由を詳報。試合後の追加取材では、フィジカルを維持するための日々のトレーニングや、メンタル強化に繋がるゴルフへの取り組み、ボートデバイス(魚探)の選定理由などを明かしてくれています。

Contents
024 [特集]濁りの中の……、バス!!
BASS QUEST in MUDDY WATER
026 今月号のトリセツ①
濁りは釣りを変える ――並木敏成「Chase!」レイク・マーレイ編より――
028 今月号のトリセツ②
濁った時と平時との差
――2011年8月の池原と2012年6月の七色――
030 早野剛史と濁りのルアーローテーション/フィールドでの実例によるケーススタディー
036 川島勉/case by case 亀山湖の濁りと私
042 蛯原英夫/濁った霞ヶ浦で
釣れる水を探す方法
046 金井俊介/Q:濁ったらカバー。では“濁りの抜けはじめ”は?
050 山本訓弘/霞ヶ浦オカッパリ×ビッグベイト
濁りや状況に左右されないパワーの結晶
054 木村建太/濁りの攻略法は無限にして
バス釣りそのもの
058 川村光大郎の闇と嵐の素顔
060  A HARD DAYS NINJ
062 素人がトーナメントに出たらどうなる?
068 濁ったら、どうする?
フィールド別8月の実例集
076 「ダムと濁り」に関する研究論文を小森嗣彦さんと解読してみた
082 営業部コヤナカでも
ニオイMAXなら初バスを釣れるのか!?
087 エンジン三銃士の今月も釣れますよ
088 小森ノート
090 山木食堂闇鍋定
092  THE JAPAN ORIGINAL
094 釣りに行くヒマがあったら読む本
094 日釣振ニュース
095 擬人餌画報
100  JBTOP50
110 モノの舞台裏
114  Basser Best Buy
115 今月の読者プレゼント
116 U.S. Tour Report
136 宮崎友輔のCOME BACK!
138  THE TAKE BACK 田辺道場 バスフィッシングを求めて
146 アマケンの目
147  B級ルアー列伝
148 橋本卓哉×長谷川耕司/IMPROVE THE SKILLS
152  T.NAMIKI
グレートアマゾンフィッシン
グラリー凱旋インタビュー
156 フカシンガッツ!
158 ボートバカ一代
160 ファイト、ファイト、コジコジ!
162  Basser Best Buy
163 早いモノ勝ち! セール&入荷情報 
164 B情報局
166 バサー放課後の部室
172 バサー新聞
178 編集後記

ページトップヘ