最新号紹介 Latest Issue

Basser2018年7月号

Basser2018年7月号

定価:本体722円+税

出版年度:2018

B5変型判

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。

Contents
022 [特集]ガチのトップ
024 松本光弘/沼で生まれたカバートップ
032 川島勉/水を切るペラ、水を押すハネ
038 霞ヶ浦水系でビッグベイトの味方は「濁り」、そして「水面」
040 内山幸也/オカッパリにおけるプロップベイト活用術
044 木村建太/ポッパータイプ考察
048 A HARD DAYS NINJA
050 佐藤徹也/風は友達。ジョーダンマジック
054 大津清彰/野良ネズミの襲わせ方
058 おしりぐるぐる系ルアーで釣ってみたい!
062 フカシンガッツ!
064 素人がトーナメントに出るとどうなる?
067 ジャンル別トップウォーター「ホンキのキホン」
077 時をとらえるトップの名言
078 エンジン三銃士の今月も釣れますよ
079 擬人餌画報
084  THE TAKE BACK 田辺道場“バスフィッシング”を求めて
092 赤羽修弥/経験とイメージを形にした競技で使うクローとホグ
096  W.B.S. TOURNAMENT REPORT
098 イーグル・ヤマハ最新モデル
102  Basser Best Buy
104  モノの舞台裏
108 メカニックとバスプロが語るチャージャー210ELITE
110 BASSMASTER ELITESERIES
130 今月の読者プレゼント
136 メガバスがiFデザインアワードを受賞
140 ボートバカ一代
141 B級ルアー列伝
  142 キニナルゲンバ
  144 ファイト、ファイト、コジコジ!
147 引き継がれたPro4の物語
グラファイトワークス・トーナメントフィネス
152 小森ノート
154  THE JAPAN ORIGINAL
156 バサー放課後の部室
164 バサー新聞
168 山木食堂闇鍋定食
172 B情報局
174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報 
176 釣りに行くヒマがあったら読む本
  176 日釣振ニュース
177 今月のほたるの光
178 編集後記

ページトップヘ