最新号紹介 Latest Issue

Basser2018年6月号

Basser2018年6月号

定価:本体722円+税

出版年度:2018

B5変型判

[特集]カバーネコリグ―THE JUNGLE CRAWLER―

 最高峰のトーナメントの場でもたびたびウイニングルアーになるなど、近年カバーに潜むバスを脅かし続けている「カバーネコリグ」を特集。
 巻頭では折金一樹さんが笹川湖に挑みます。3.5~9inという幅広いワームサイズを使い分け次々バスをキャッチ。
バスのコンディションとフィールド状況に応じたルアーローテンションが、ネコリグ用ルアーのサイズ選択の悩みを解消してくれます。
 また、「カバーネコリグ道場」では、川村光大郎さんが編集部員を生徒に招き、
自身が世に広めたスナッグレスネコリグの使いこなし術を徹底解説。
「ネコリグが釣れる理由は『強いのに、弱いから』」という理論に基づき、
川村さんの解説どおりの状況に合った攻めを展開できれば、
その名のとおりカバーのバスを「根こそぎ」つることができるはずです。
 また、今号は国内外のトーナメント情報も充実しています。
 JBTOP50では、早野剛史さんが勝利した開幕戦を詳報。試合の結果やテクニックだけでなく、
早野さんが人生をかけて決断した河口湖から霞ヶ浦への移住と武者修行など、
勝敗を決定づけた知られざるドラマに注目です。
 バスマスタークラシックでは、ジョーダン・リーが2連覇という偉業を達成しました
。アメリカで長年トーナメントの最前線を取材してきた雨貝健太郎さんをして
「30年にひとりの天才」と言わしめるスーパールーキーの強さの秘密に迫ります。

背中のルアー179
ドライブクローラー(O.S.P)

これまでネコリグを使ったことがほとんどなく、釣ったバスはとあるフィールドのリリースフィッシュ1尾のみと、ネコリグ素人童貞だった僕。
しかし、巻頭の記事で折金一樹さんが溺愛していたり、JBTOP50開幕戦でウイニングルアーになったりしたこのワームはかなりキニナル……。
発売当時は「超『ド』級の『ライブ』感」とはずいぶんと風呂敷を広げたな、と思っていましたが、Youtubeでフォールアクションを見てあまりの艶めかしさにビビりました。
ちなみにこの撮影用の現物を締め切り直前に自宅に置いてきてしまい、妻が深夜に会社まで持ってきてくれました。
妻よありがとう。タニガワ

===========================================
Contents
020 霞ヶ浦・北浦を守る年間4000円の雑魚券
024 [特集]カバーネコリグ
026 折金一樹/カバーネコとオリキンの極端な一日
034 関和学のオカッパリで行こう!
038 私のネコリグセッティング
044 川村光大郎のスナッグレスネコリグ道場
054 モノの舞台裏
056 町田素直/亀山湖でカバーを撃つならネコリグだけでいい060  A HARD DAY’S NINJA
066 小森ノート 070 レンタルボート&エレキ入門
078 追悼ギド・ヒブドン/「フィネスの父」に捧ぐ
082 エンジン三銃士の今月も釣れますよ
084 JBTOP50
094  W.B.S. TOURNAMENT REPORT
096  TBC TOURNAMENT REPORT
098 Basser Best Buy
100 モノの舞台裏
102 木村建太とアメリカ/セントラルオープン参戦記
106 フカシンガッツ!
108 BASSMASTER ELITE SERIES
130 今月の読者プレゼント
132  THE TAKE BACK 田辺道場“バスフィッシング”を求めて
140 ボートバカ一代
141 B級ルアー列伝
  142 キニナルゲンバ
  144 ファイト、ファイト、コジコジ!
148 MEDIA WARS
154  THE JAPAN ORIGINAL
156 バサー放課後の部室
164 バサー新聞
168 山木食堂闇鍋定食
172 B情報局
174 早いモノ勝ち! セール&入荷情報
  176 釣りに行くヒマがあったら読む本
  176 日釣振ニュース
177 今月のほたるの光
178 編集後記

ページトップヘ