書籍・ムック詳細 Books Archive

魚ヘンな旅 水辺のキニナル地名行

魚ヘンな旅 水辺のキニナル地名行

定価:本体1,200円+税

著者:田代 俊一郎

出版年度:2018

四六判並製144P

魚ヘンの地名だけに絞って一冊にまとめた本はおそらく本邦初。元新聞記者である筆者と釣り雑誌編集者がコンビを組んで、魚ヘンの付く地名や神社などを訪ねて、地名の由来を探る旅に出ます。地名研究家でも、郷土史家でもない、地名学には門外漢の、ただの釣り好きに過ぎないふたりが釣り竿を担いだこの旅で何尾の魚ヘンの地名を釣り上げ、その由来を解き明かせたでしょうか。本書には全15話を収録し、三章に分類しました。『納得明魚編』は土地の人々の話からも地理的背景からも納得のいく魚ヘンの地名だったところです。『混迷謎魚編』は、聞けば聞くほど混迷を深めた魚ヘンの地名。当て字や転化などにより本来の意味から大きく変容したケースも少なくありません。『神社奉魚編』は神仏になった、あるいは神の使いとなって祀られた魚群です。こうした魚ヘンの付くキニナル地名の水辺を歩き、そこに住む方々に話を聞き、時にはその地名ゆかりの魚をねらって釣りをして、その地名の由来に思いを馳せる。それが魚ヘンな旅なのです。

CONTENTS
02 はじめに
07 納得明魚編
09 (魚ヘンに長)網代(きびなごあじろ 長崎県五島市戸岐町)
21 鮗ヶ浦(このしがうら 熊本県上天草市大矢野町)
29 黒鯛(くろたい 宮崎県児湯郡川南町)
37 鱒渕ダム(ますぶちだむ 福岡県北九州市小倉北区頂吉)
45 鯨道海岸(くじらどかいがん 熊本県上天草市大矢野町)
55 小鯛(こだい 長崎県佐世保市針尾中町)
63 混迷謎魚編
65 鮟鱇(あんこう 熊本県八代市鏡町・熊本県宇土市住吉町)
75 鮎帰(あゆがえり 熊本県八代市坂本町)
83 鰈岬(かれみさき 長崎県松浦市鷹島町)
91 鮒越(ふなごえ 佐賀県鹿島市)
99 神仏奉魚編
101 鰾神社(にべじんじゃ 熊本県八代市古麓町)
109 (魚ヘンに齊)大師堂(えつだいしどう 福岡県久留米市城島町)
117 鮭神社(さけじんじゃ 福岡県嘉麻市大隈)
125 鯖大師堂(さばだいしどう 福岡県田川郡福智町上野)
133 鯰渕(なまずぶち 佐賀県武雄市武内町)
142 あとがき
デザイン・装丁 DTP.pro

ページトップヘ