最新号紹介 Latest Issue

Basser2018年2月号

Basser2018年2月号

定価:本体722円+税

出版年度:2018

B5変型判

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。

Contents 012 from Editor 016 Cold、Shad、Hot 018 山木一人のシャッド論/パブロシャッドとアクションの今を語る 026 福島健と木村建太が語るシャッドとクランク 032 五十嵐誠/「乗せる」だけでは不十分 「貫通」させてバラシを減らすPEライン 036  A HARD DAY’S NINJA/シャッドとテトラ 038 関和学のオカッパリで行こう! 042 Basser編集部ルアーアクション検証[シャッド編] 046 シャッド名竿8選 052 シャッドとスピード/冬の高速中層巻きってどうなのよ!? 058 小森ノート 062  THE JAPAN ORIGINAL 068 ヤマハ発動機のものづくり 074 帰国中ぶらり連載 イヨケンのCar Top! Go Top! 083 ぶっつけ初場所ATTACKER 086 THE TAKE BACK 田辺道場“バスフィッシング”を求めて 094  TACKLE ISLAND SUPER TOURNAMENT in亀山湖 098 H-1マスターズカップ 101 Basser Best Buy 102 モノの舞台裏 106 名艇の故郷/荒波をものともしないボディーはアメリカで生まれる 108 ボートバカ一代 108  B級ルアー列伝  110 キニナルゲンバ  112 ファイト、ファイト、コジコジ!  116 青木大介インタビュー/海を渡る理由 120 アーロンマーテンス/チームDUOとの未来を語る 126 バサー放課後の部室 131 私の変なバス釣り友だち  132 バサー新聞 136 山木食堂闇鍋定食  138 まつガチ戦記 140 B情報局 142 早いモノ勝ち! セール&入荷情報  144 釣りに行くヒマがあったら読む本  144 日釣振ニュース 145 今月のほたるの光  146 編集後記 147 今月の読者プレゼント 148  BASSMASTER ELITE SERIES 172 JAPAN SUPER BASS CLASSIC 2017 176 TBC TOURNAMENT REPORT

ページトップヘ