書籍・ムック詳細 Books Archive

釣りバカ週刊誌記者のスクープ日誌

釣りバカ週刊誌記者のスクープ日誌

定価:本体1,600円+税

著者:早池峰 遥

出版年度:2019

四六判並製320P

週刊誌記者として全国を飛び回る著者は、あまたの事件、災害、疑惑を取材する日々の合間に、大好きな渓流釣りにこっそり興じていた。著者曰く、
「私は週刊誌記者という仕事の関係上、全国津々浦々の渓流で竿をだすことができた。いや、正確に記すのなら渓流釣りが出来る地域で仕事を作ってそれが結果的にスクープになったということも少なくない。釣りをするために仕事を見つける邪道の釣りバカが私なのだ」
 その結果、編集部からいつ呼び出されても対応できるように、記者ならではの鋭い嗅覚で、車から降りてすぐの場所で尺ヤマメ・尺イワナが釣れるポイントを各地で開拓。渓流釣りはド素人の相棒カメラマン「岡ちゃん」と、時にシリアスな事件を追いながらも、軽妙な掛け合いの珍道中的釣行で次々に尺ものを釣りあげていく。
釣行の背景となる事件等を織り交ぜながらの、世にもユニークで面白い、社会風俗的渓流釣り紀行がここに誕生!

●作品に登場する主な事件・災害・スクープ…紀州のドン・ファン騒動/『あまちゃん』ロケ/有名芸能人の極秘岩盤浴/業際研事件/ドコモ株疑惑/マツタケ産地擬装/東日本大震災/栗駒大地震/熊と闘ったおじさんのインタビュー/玄倉川水難事故etc.

目次


はじめに

玄倉川の悲劇      7

釣り人の天敵      21

群馬の渓間で      43

源流についての考察   65

磐井川の思い出     97

盛岡毛鈎の善さん    119

車から降りて3分以内で尺モノを釣る  147
 近くで大物を釣る意味148 仙台近郊の穴場150 黄金色に染まった渓154
盛岡のパラダイス釣り場171 1番通った盛岡の穴場178 7時半の男186
  白馬のエル・ドラード198 素晴らしきかな腹帯209 堰堤下の釣り堀215
新幹線の鉄橋下で尺モノ釣り220

名優・平幹二朗さんが密かに通った名湯  233

『あまちゃん』狙いで本命は『やまめちゃん』  261

番外編 紀州のドン・ファン騒動   287



装丁 神谷利男デザイン株式会社[神谷利男・坂本成志]
イラストレーション 神谷利男・發知明日香

ページトップヘ